これからクレジットカード会社のキャッシングサービスを利用したいと考えている20代から60代の人にアドバイスするならば、融資の審査は属性によって判断されているということを知っておきましょう。その属性というのは何かに関してはこれから詳しく紹介していきます。

属性はいわば個人のプロフィールのこと

クレジットカード会社が提供しているキャッシングサービスを利用したいならば、属性は避けては通れません。これは、いわば個人のプロフィールとなります。このプロフィールによってクレジットカード会社側で融資をしても良い人なのかどうかを判断していきます。年齢や雇用形態、年収、住居形態、家族構成などのプロフィールから返済能力があるのかどうか判断されます。これらの項目を数値化して点数を付けていきます。その点数によって融資を行うかどうか判断をしていきます。ですから、こうしたプロフィールが劣化しているとそれだけ審査落ちの可能性が高まるということになります。

収入が少ないと審査に落ちやすいのか

クレジットカード会社のキャッシングサービスを利用したい場合に一番大切なことは、返済できるだけの経済力があるのかどうかということであります。これを図るためには、毎月の収入がいくらあるのかということが重要になります。この情報がクレジットカード会社側はとても知りたいものとなります。結論から言えば、毎月の収入が少なければそれだけ審査落ちする可能性が高まってしまいます。これは致し方がないことです。ですが、毎月の収入が少ない場合でも毎月その収入が安定して入ってくる場合には審査に通る可能性はまだありますので、決して諦めてはいけません。

即日で融資をしたもらうならばカードローン

最後に、今すぐにでも現金が欲しい場合にはクレジットカード会社のキャッシングサービスは残念ながら向いていません。ただし、予めキャッシングサービスの融資の審査に通っていた場合には、限度額の範囲内であればいつでも現金を融資してもらうことができます。コンビニのATMから簡単に現金を借りることができます。ですが、そうしたケースにない場合には消費者金融のカードローンを利用すると良いでしょう。こちらは、即日での融資をしてもらうことができます。審査も数秒から数分程度で終わる所も多くなっていますので、申込みを午前中にすればその日の午後には融資を実行してくれることもあります。

まとめ

クレジットカード会社のキャッシングサービスには、属性によって利用できるかどうか決まってきます。この属性が劣化して弱ければ弱いほど審査落ちする可能性が高くなります。そして、即日で融資で向いているのはキャッシングサービスよりも消費者金融のカードローンの方が最適となります。