キャッシングで審査の時に在籍確認してほしくないなら業者にお願いしてみましょう。しないで済む方法を提案してくれます。その他、業者の方針で行わないところもあります。行わない会社を狙って申し込むようにしましょう。

収入の状況などでされない場合がある

お金を貸す側からすると、貸す相手がきちんと返してくれれば何の問題もありません。借りた分の利息の支払いと元本の返済をしてくれれば、それで利益を上げることができます。しかし、誰が返してくれるかのチェックをするのは大変です。そこで行われるのが審査になります。多くの業者では在籍確認がありますが、在籍確認なしで行うところもあります。収入の状況を把握することで行わないところがあります。十分な収入があるなら、それによって確認するほどでもないとわかるのでしょう。基準は金融機関で異なるため、必ず行われないわけではありません。収入が微妙な人なら行われることもあるでしょう。

別の方法でチェックするので行われない

お金を借りる人は、会社からの収入では生活が足りていない人になります。でも、収入が確実にあるのであれば、そこから返済してもらえる可能性があります。収入がない人だと、返済の元がないので返してもらえない可能性が高くなります。キャッシングの審査では在籍確認で収入があるかをチェックしますが、在籍確認なしで収入があるかを確認してくれるところがあります。保険証や源泉徴収票等の書類の提出を求める場合があります。保険証は、それぞれの勤務先から配布されます。勤務先の名称も書かれています。源泉徴収票も、どこから支払われたかなどが分かるようになっています。電話がかかってこないので、気楽に利用できます。

事前にしないでほしいことを伝える

キャッシングをするとき、審査の過程で在籍確認が行われます。多くの場合、銀行名や消費者金融名などは出されません。個人名でかかってきて、申し込んだ人がいるかどうか聞かれます。本人を出してくれるように言ってくるところもあります。電話がかかってくること自体があまりうれしくない場合、在籍確認なしにならないか考えることがあるでしょう。その時は、業者に事前に依頼しておきましょう。在籍確認をするのか聞いてみて、することがあると言われたら、しないでほしいと伝えるようにします。すると、しないでも行える方法をいくつか提案してくれます。依頼をすることで、対応してくれるところがあります。

まとめ

キャッシングを利用したいけど、審査時の在籍確認がネックになる人もいるでしょう。金融機関によって行わない場合があることを知りましょう。別の方法でわかるときは行われません。事前にしないようにお願いすることもあります。