キャッシングで審査の時に在籍確認してほしくないなら業者にお願いしてみましょう。しないで済む方法を提案してくれます。その他、業者の方針で行わないところもあります。行わない会社を狙って申し込むようにしましょう。

カードローンの審査では、申込をした人が勤務してるか調べるために在籍確認を行う所が多いです。しかし、勤務先の事情で電話に出られない場合もあるでしょう。在籍確認なしにできるプランも用意されている金融機関も増えてきています。

収入の状況などでされない場合がある

お金を貸す側からすると、貸す相手がきちんと返してくれれば何の問題もありません。借りた分の利息の支払いと元本の返済をしてくれれば、それで利益を上げることができます。しかし、誰が返してくれるかのチェックをするのは大変です。そこで行われるのが審査になります。多くの業者では在籍確認がありますが、在籍確認なしで行うところもあります。収入の状況を把握することで行わないところがあります。十分な収入があるなら、それによって確認するほどでもないとわかるのでしょう。基準は金融機関で異なるため、必ず行われないわけではありません。収入が微妙な人なら行われることもあるでしょう。

在籍確認なしにできるプランが増えてきた背景

消費者金融のカードローンを中心に、土日祝日でも審査が行われて即日融資が可能となっている所が多いです。しかし、休みで職場に人がいないので在籍確認が難しいケースが多く、確実に勤務していることが判明する書類を提出することで、在籍確認の代わりとして認められる場合があります。また、企業では社員の個人情報漏洩を守るために、非通知で所属が分からない方からの連絡や、個人宛ての電話を一切取り次がないという所もあります。カードローンの審査では、借入を申込を会社に知られないように非通知で社名を名乗らずにかけられるために、本人への取り次ぎはできませんし、該当する社員がいるか確かめることもできません。会社に借入のことを知られたくない方からも要望の声が大きく、在籍確認をしないプランが用意されたと考えられます。

別の方法でチェックするので行われない

お金を借りる人は、会社からの収入では生活が足りていない人になります。でも、収入が確実にあるのであれば、そこから返済してもらえる可能性があります。収入がない人だと、返済の元がないので返してもらえない可能性が高くなります。キャッシングの審査では在籍確認で収入があるかをチェックしますが、在籍確認なしで収入があるかを確認してくれるところがあります。保険証や源泉徴収票等の書類の提出を求める場合があります。保険証は、それぞれの勤務先から配布されます。勤務先の名称も書かれています。源泉徴収票も、どこから支払われたかなどが分かるようになっています。電話がかかってこないので、気楽に利用できます。

在籍確認なしにするのに必要な書類と口座

消費者金融のカードローン申込で電話連絡や郵送書類が一切ないプランの場合は、所定の銀行口座と代替書類を提出するのが一般的です。決まった銀行口座が必要になるのは郵送物がないことも関係しています。借入手続きが、ローンカードを発行せずに会員専用のログイン画面から振込キャッシングの依頼をする方法のみとなることから、提携している銀行の口座が必要になると考えられます。代替の書類は、社員が保有している社名入りの健康保険証が使われますが、アルバイトやパートの場合は、社保に加盟する要件を満たしていないことがあるでしょう。国民健康保険では勤務先が分からないため、直近2ヶ月程度の給与明細でも構わないとするカードローンもあります。派遣元での在籍確認の電話対応が難しい派遣社員の方も利用しやすいでしょう。

事前にしないでほしいことを伝える

キャッシングをするとき、審査の過程で在籍確認が行われます。多くの場合、銀行名や消費者金融名などは出されません。個人名でかかってきて、申し込んだ人がいるかどうか聞かれます。本人を出してくれるように言ってくるところもあります。電話がかかってくること自体があまりうれしくない場合、在籍確認なしにならないか考えることがあるでしょう。その時は、業者に事前に依頼しておきましょう。在籍確認をするのか聞いてみて、することがあると言われたら、しないでほしいと伝えるようにします。すると、しないでも行える方法をいくつか提案してくれます。依頼をすることで、対応してくれるところがあります。

銀行カードローンで在籍確認なしは少ない

銀行のカードローンでもごくまれではありますが、電話連絡がないローンが用意されています。代替書類や収入証明書の提出もなく、本人確認の書類だけで申込が可能になるネット専業銀行のプランです。借入限度額が10万円~50万円までと銀行のカードローンにしてはごく少額になるので、借入の一本化や借り換えには向いていません。しかし、最短30分程度で審査結果が出ることから、急いで必要最低限の金額を借りたいという目的であれば使いやすいでしょう。1つ注意したいのは、即日融資ができるのは予めその銀行の口座を開設してある場合です。借入と口座の開設の申込を同時に行うのなら、手続きが済むまでに1週間はかかるので即日の融資は難しいでしょう。

まとめ

キャッシングを利用したいけど、審査時の在籍確認がネックになる人もいるでしょう。金融機関によって行わない場合もあります。別の方法でわかるときは行われません。事前にしないようにお願いすることも有効です。

在籍確認なしにするのが難しいとされるカードローンの場合も、申込をした後にコールセンターに在籍確認が難しいと相談すれば、何らかの対処をしてもらえることがあります。代替書類の提出の提案や審査対応時間内で電話をかける時間を指定するのも可能な場合があるので、諦めないようにしてください。