キャッシングをするとき、総量規制で借入ができないと心配する人もいるでしょう。銀行は総量規制の対象外ですから、審査で収入が最重視されるわけではありません。より多く借りたいときには、銀行を選ぶと良いかもしれません。

銀行と消費者金融で規制ルールが異なる

かつては、特にお金を借りる時に限度などが決められていませんでした。ですから、一定のチェックはあるものの、金融機関は申し込んだ人に対してはお金を貸していました。すると、多重債務などでどんどん借入をすることで返済できない問題が生じます。それを解消するためにできたのが総量規制です。キャッシングをするとき、収入が審査に影響することがありますが、銀行と消費者金融で異なるので注意が必要です。総量規制がかかるのは消費者金融のみで、銀行で借りる時にはこの規制がかからないようになっています。そのため、審査の方法なども異なります。借りたい金額に応じて利用を変えると良いでしょう。

消費者金融なら年収の3分の1までと決まっている

お金を借りる時、できればたくさん借りたいでしょう。しかし、あまり借り過ぎて返済できなくなるのは困ります。実際にいろいろな問題もありました。消費者金融でキャッシングを利用するとき、総量規制がかかることになっています。審査の時には収入がどれくらいあるか見られます。そして、年収の3分の1までしか借りられないようになっています。この時の3分の1は、他に何らかの借入があればそれも考慮されます。ですから、いろいろなところから借入をしていると、それらを合計して3分の1までになります。場合によっては借りられないことも出てきます。初めてなら、利用できないことはありません。

銀行ならそれぞれの基準で融資額が決まる

キャッシングサービスを利用するとき、消費者金融と銀行では銀行の方が審査が厳しいとされています。そのために銀行を利用しようかどうか考えることもあるでしょう。ただ、収入と審査の関係からすると、銀行の方が借りやすいかもしれません。総量規制は消費者金融に関係する制度なので、銀行ではこの規制がかかりません。3分の1以上借りられる可能性もありますし、他の金融機関で利用していたとしても追加で借りられる可能性があります。もちろん、無限に借りられるわけではないでしょうし、年収ギリギリ借りられる可能性も少ないでしょう。ただ、審査に通ったときには消費者金融よりも借りられる可能性があります。

まとめ

キャッシングサービスでは、審査があります。返済能力があるかを確かめる作業で、消費者金融なら収入を一つの基準としているようです。ただ、銀行は必ずしも収入だけを見ているわけではなく、総量規制にかかることもありません。