カードローンを利用しお金を借りることは、今の時代では珍しいことではなくなりました。しかしいざ申し込むとなれば、審査に通るか不安という人も多いのではないでしょうか。誰もがクリアできるばかりではないということは頭に置いておきましょう。

信用情報が原因となり落ちる可能性について

カードローンの審査基準は、消費者金融の業者によって様々ですが、公表されていないので何が基準となっているのかわからず、申込先で悩む人も多いです。落ちる恐れがある人の特徴として、まず他社からの借り入れや返済の滞りがあるという点があげられます。カードローンの申し込みをすると、消費者金融は必ず信用情報の確認をするので、嘘をついたり隠そうとしても全てバレてしまいます。嘘をつくと、さらに信用がなくなってしまうことに繋がるのでお金を借りたいときには他社からの借り入れの有無や返済の滞納が過去にないのかに注意しておきましょう。

安定した収入がないと審査には落ちる

お金を借りるということは、消費者金融側からするとお金を貸すということであり、返済してもらえるのかが最も重要なポイントとなってくることは確かと言えます。返済能力があるのかということが大切であり、安定した収入がないと審査をクリアすることはできず落ちる可能性はかなり高くなります。しかし安定した収入といっても、必ずしも正社員でなくてはならないわけではないということも頭に置いておきましょう。アルバイトやパートといった雇用形態でも、毎月決まって安定した収入があるとみなされた場合には、融資してもらえる可能性は高いです。

一度に複数に申し込みをしている人

落ちてしまったら困るからといって、一度に複数に申し込みをしていると、本来ならば通るはずの審査で落とされてしまう可能性があるので気をつけなくてはなりません。申し込みは一社ずつ行うように心がけておきましょう。過去に申し込んだことがあり、一度審査に落ちているという場合でも、収入をはじめとし返済能力があり信頼できるとみなされた場合には、融資してもらえる可能性はあります。信頼できる人物かどうかということが、お金を借りる上では重要なポイントとなってきます。一度に複数の申し込みをしていることは、バレてしまうので気をつけましょう。

まとめ

カードローンで審査に落ちるかどうかは、申し込み先による違いだけではないということは確かです。信頼できる人物で、安定した収入があることが必要不可欠であり、どちらか一方でも満たさない場合にはお金は借りられないということになります。