キャッシングの口コミサイトを閲覧すると、無職でも審査に通ったという記述を見かけることがあります。中小の金融機関では、希望者の利便性を考えて柔軟に対応することもありますが、全く収入のない方では難しいでしょう。どのような仕組みになっているのでしょうか。

大手の消費者金融の場合は借入が難しい

消費者金融では、何らかの職業に就いて安定した収入がないと借入ができません。総量規制の対象となるので、年収の額から利用限度額の算定をしなくてはいけないと言うこともありますし、無職の方が職業に就いていると言っても、キャッシングの審査では在籍確認があり、勤務先に必ず電話がかかってきます。自営業と虚偽の申告をしても、収入を証明できる書類を提出を要求されたら、書類が用意出来ずに審査に通るのが非常に難しくなるでしょう。一部の消費者金融では、自営業の方向けに事業用と個人用と両方の用途で使えるキャッシングも用意されています。事業を立ち上げたばかりで収入証明書の提出ができない方でも申込は可能ですが、必ず営業実態が分かる領収証や請求書、税務署に提出する開業届のコピー等が提出が必要になり、難しいでしょう。

年金や配偶者の収入で認められることも

信販会社も貸金業法の下で営業していますが、専業主婦や主夫なら配偶者貸付を取り扱う会社もあり、配偶者が職業に就き安定的な収入があると証明できればキャッシングができることがあります。その場合は申込時に、結婚していることが分かる住民票の控え、配偶者の収入が分かる源泉徴収票や確定申告書等の書類の追加提出が必要でしょう。勤務先に在籍確認が入ることもあり、内緒で借入するのは難しいので注意してください。専業主婦や主夫、年金や不動産の賃料収入がある方であれば、本人の審査のみで一部の銀行系のキャッシングの申込が可能な場合があります。利用限度額が50万円くらいまでと低めに設定され、限度額の増額申請が認められませんが、突発的な出費に供えて保有するのであれば十分な金額と言えるでしょう。

独身の無職でもキャッシングに申し込みたいなら

独身の無職の方で、年金収入がない場合はキャッシングが難しいと考えた方がいいでしょう。すぐにでもキャッシングをしたいのであれば、何らかのアルバイトを探して収入を得る方法もあります。勤務形態は問われないので、正社員でなくても構いません。消費者金融の場合は、審査が迅速なので当日融資も可能になり、急ぎの時にも便利です。勤務歴を問わない金融機関もありますので、そのような会社に申込をするといいでしょう。すぐにアルバイトを探せない場合は、派遣会社に登録する方法もあります。派遣会社では、すぐに仕事が見つからなくても研修が発生するので、派遣実績がなくても職業として判断できるでしょう。在籍確認の審査をするために、派遣会社の担当窓口に事前通知が必要な場合があるので、早めに連絡するように気をつけましょう。

まとめ

無職の方の借入は難しいですが、金融機関を選んで申し込めば審査に通る可能性が高くなります。また、勤務形態を問わない金融機関がほとんどですので、非正規雇用の仕事でも安定した収入があると判断されます。仕事に就いていると偽って申し込むのは罪になることもあるので、絶対避けるようにしてください。