即日でのキャッシングを申し込むのに、収入証明書類を用意するのは億劫な場合があります。家に保管しているので出先から申し込むのが大変とか、役所に証家族に借入に申し込むのが分かったら困るとか、役所に申請して取得する時間がないとか様々な理由があるでしょう。最低限の書類の提出で申し込むのはどうすればいいでしょうか。

貸金業の金融機関に申し込む場合には

消費者金融などの借入、クレジットカードのキャッシング枠の付帯申し込みをする場合には、希望借入額が50万円以内、もしくは、他社借入がある場合に合算して100万円以内の限度額に収まるのであれば、収入証明書は不要となります。たいていの金融機関では、収入証明書の提出についてこのような条件が示されているので、希望額は50万円までにするといいでしょう。ただ、初めての金融機関でキャッシングの実績がないことから、10万円~30万円程度の少なめの限度額を提示されることもあります。総量規制は、全ての貸金業の金融機関の限度額を合算して適用されます。そのことから100万円を超えるのであれば、総量規制の金額を超過しているか、返済能力はあるのかを確認するために収入証明書が必要になるでしょう。

銀行のキャッシングは総量規制適用外

銀行のキャッシングには総量規制が適用されません。銀行は、貸金業法下で運営されていないからです。そのため、収入証明書が必要となる限度額が比較的高く、希望額が100万円~300万円を超える時に、収入証明書類の提出が必要となることが多いです。ただし、銀行は金利が低めである分、審査が慎重に行われる場合が多いため、即日での借入に対応していない所があります。インターネットでの申込に対応していても、午前中までに申込から審査、契約などを終わらせて、お昼頃までに借入申込をしないと、当日中の振込キャッシングに応じられないことがあります。振込依頼は済ませても営業時間外になると、翌営業日への入金となることもあります。即日融資を確実にするなら、口座を保有しているか、自動契約機でカードの発行ができる所を選びましょう。

収入証明書類の提出が免れないことも

ただし、利用限度額や借入金額、申込時間に気をつけても、収入証明書が必要になる属性の方もいます。個人事業主や法人の代表者が該当します。個人事業主は、営業実態を把握するのが難しいので、確定申告書等の書類の控えを提出するように求められることがほとんどです。法人の代表者も、経営規模が非常に大きくない限り、安定的に収入を得ているかの確認を求められる可能性が高いです。また、信用情報の内容が良くない方も提出を依頼されることがあります。審査には信用情報の確認がつきものなので、度重なる返済遅延があると提出を依頼されます。クレジットカードや携帯電話などの機種分割の支払いも考慮されますので、注意してください。なお、3ヶ月以上の延滞、債務整理や代位弁済などの重大なトラブル情報の記載がある人は、審査に通りません。

まとめ

当日融資をするのに、なるべく少ない書類の提出で済むにはコツがあります。会社勤めの方で、金融関係のトラブルを起こしていない方であれば、ほぼ問題なく通るでしょう。専業主婦や主夫の方が申し込む場合は、銀行のキャッシングなら配偶者の許可や収入証明書の提出が必要なく借入できる場合があるので、利用を検討してみてください。