急な出費が必要になったけど、手元にまとまったお金がない、という時にとても心強い存在となるのがキャッシングです。キャッシングというと怖いイメージがありますが、内容をよく理解して正しく利用すれば怖いことは何もありません。

認められないと融資してもらえない

しかし、どんな人でもキャッシングでお金を借りることが出来るわけではありません。キャッシングでお金を借りる場合には審査があります。審査で何を見ているのかというと、お金の融資を申請している人に実際に要求されたお金を貸して期日通りに滞納することなくお金を返してもらうことが出来るのかどうか、もっと簡単に言えばその人はどれくらい収入があるのか、そして現在他に借金はしていないのかをチェックしています。この審査に合格できなかった人は、いかなる危機的状況であったとしてもお金を融資してもらう事はできません。そしてキャッシングには、借入限度額というものが設けられています

会社によって評価の基準が違います

この借入限度額ですが、実はキャッシング会社によって違ってきます。実は審査の基準はどのキャッシング会社でも同じではありません。Aという会社では審査に合格できなくてもBという会社に融資を申請すると合格したというような事例はいくらでもあります。つまり一人一人に対する評価の基準は会社によって違うというわけです。ですから、同じ人がお金を借りようとしてもある会社では限度額が30万円だったのに対し、ある会社では限度額が50万円だったりします。もし、まとまったお金が必要なのであれば、判断するのはなかなか難しいですが、できるだけ限度額を高く設定してくれる会社を選びたいところです。

総量規制を持毛ているかどうかでも変わってくる

また、正しくキャッシングを利用していれば限度額がどんどん引き上げられるのですが、この借入限度額の上限というのも会社によって変わってきます。借入限度額の上限がいくらかを知るためにはお金を融資してもらっている会社が貸金業者かどうかが重要になってきます。貸金業者というのはお金を貸すことを専門に業務を行っている会社で、消費者金融がその代表です。貸金業者の場合は総量規制という規制が設けられており、借入残高の合計は年収の3分の1までと定められています。一方、銀行家のカードローンの場合は総量規制は存在しません。

まとめ

キャッシングによって借り入れできる限度額は会社によって違います。どうしてかというと収入に対する評価が会社によって多少違うからです。また総量規制を設けているところでは借入金額の合計が年収の3分1を超えるとそれ以上借りられません。