普段の生活で、ちょっとした臨時の支出が必要になることは良くあります。そんな時に便利なものがカードローンです。実際に利用をしたことはなくても、その名前は聞いたことがある方が多いと思いますが、他のローンとはどう違うのでしょうか。

様々なローンがありますがその特徴は

ローンには住宅ローンや、マイカーローンなどの種類があります。これらは使用目的がはっきりとしており、気軽に借りるものではありません。またその使用目的と異なったこと、例えば住宅ローンは住宅購入やリフォームなど以外に使用することはできません。マイカーローンにしても借りる時に自動車購入の契約書が必要であったりと、使用に制限があります。しかしカードローンは所謂フリーローンであり、借りる人が自由な目的にお金を資料することができます。自由に使えるお金を借りると言えばキャッシングと思い出す方も多いと思います。キャッシングとカードローンはどう違うのでしょうか。

キャッシングとカードローンの違いは

キャッシングは主にカード会社の付帯的なサービスです。金額も数万円から10万円程度の少額なものが多いようです。返済方法は翌月一括の返済が多く、基本的にはクレジットカードを作成の時に限度額が設定され、その限度内であればATMなどで即日に引き出すことができます。一方のカードローンは主に銀行が発行するカードを使って、お金を借りることです。こちらも最初に限度額が設定されますが、キャッシングと比較するとかなり高めの金額まで借り入れが出来る場合がほとんどです。ATMで引き出すこともできますが、口座振込などを利用することもできます。返済方法は月々に返済することが多く、金利はキャッシングの方がやや高め、というのが一般的です。

賢いカードローンの利用方法とは

使用目的が自由なお金を借りると行っても、代表的な2つのシステムにはこのような違いがあります。当然ながらどちらも金利がかかる訳ですが、キャッシングは一括での返済が基本です。しかしカードローンは分割での返済が基本ですので、収入があった場合に一括返済を希望する方もいると思います。キャッシングよりも低金利とはいえ、一括返済により毎月の金利を節約することができます。方法はカード会社によって異なりますが、ネットやコールセンターなどに連絡をした上で指定された口座に振り込むことが一般的です。ATMでの返済が不可能な理由は、1000円以下の端数が振り込めないからです。カードローンもキャッシングも緊急時には便利な制度ですが、計画的な利用が重要なのは言うまでもありません。

まとめ

現代社会では様々なローンやキャッシングなどを上手に利用することで、金銭的なピンチを切り抜けることができます。でもそれぞれの特徴を理解して、自分の返済能力を把握した上での利用が重要です。計画に利用を心がけましょう。