テレビコマーシャルでもお目にかかるようになったのが、銀行カードローンです。以前は、消費者金融のCMが目に付いたのですが、最近では多くの銀行もユーザーの獲得に力が入っているようです。そんなカードローンの仕組みを知ると供に、上手な利用方法を考えてみました。

担保や保証人が要らず簡単融資が可能

カードローンと言う言葉は知っているけれど、その内容を知ってもいないし、利用したことがないと言う人も多くいるのでしょう。ですが、いつ何時、急に現金が必要になることがあるかも知れないと言うことを考えると、その利用方法を知っておいて損なことはないはずです。このローン、基本的には担保や保証人がなくとも、お金を借りることが出来る便利なシステムになっています。その手続き方法も簡素化されており、融資の早さも人気となっています。また、その契約期間中であれば、利用限度内の金額であれば、繰り返し融資を受けられると言う便利なものとなっています。

賃金業者には総量規制がかけられた

その昔は、消費者金融からお金を借りても返済が出来なくなり、その取り立て方が厳しく社会問題にもなりました。その借り過ぎを防ぐ方法、更には貸し過ぎを防ぐものとして、新たに賃金業法において総量規制が導入され、借りる人の年収の3分の1までしかお金を借りることが出来ないようになりました。つまり、年間の収入が300万円の人は、100万円が限度となり、これは他社を利用している場合には、その金額も加算されることになります。多くの人が借りすぎ、業者が貸し過ぎないようにと工夫されました。しかし、これは消費者金融に当てはまるのですが、銀行にはこの規制に関係ありません。そのため、銀行カードローンを利用する人が増えているのが、現状です。

返済期日を守ることが最大の役目

お金を借りた時には、キチンと返済日を守ることが決められます。しかし、支払いが万が一遅れるとなった時には、それぞれの銀行や消費者金融に、その旨の連絡を入れることで返済期日の延長が可能になります。この時、延滞料金がかかってしまうことになりますので、延滞利息が高く設定されることから、その金額にも注意が必要です。更に返済期日に遅れ、延滞期間が1ヶ月を超えるようになってしまうと、追加融資もダメになり、他の金融機関や賃金業者からの借り入れも影響が出て来ます。そしてこれが3ヵ月も続くと、今度は信用情報に載せられ取引停止から、他の金融機関や賃金業者での利用は出来なくなってしまいます。

まとめ

気軽にお金を借りることが出来るのが、カードローンのメリットです。ですが、しっかり守るのは返済期日です。一度、大きな信用を失くしてしまうと、長い間に渡って金融機関からお金を借りることが出来なくなってしまいます。お金を借りる時には、返済が出来る金額にするべきです。余分なお金は、借りてはいけません。