カードローンは、お金がすぐに必要な人にとって、便利な借入の手段です。さらにお金が必要になった場合にどうすれば良いでしょうか。カード契約をさらにするよりも、現在契約しているカードの増額申請を選択したほうが有利なケースがありますので、詳しくみていきましょう。

さらに借入れをするなら増額がおすすめ

カードローンを利用していて、追加融資を検討しているなら、新たにカード契約をするよりも、いま契約しているカードの限度額を増額する申請が有利になる場合があります。限度額が低い契約ほど、金利が高めであることをご存知でしょうか。それならば、限度額を高くしてしまえば、金利が有利になるという理屈です。金利が高いカードを新たに追加するよりも、限度額の増額申請をした方が有利なことがわりますね。カードローンを利用中の方にとって、さらにお金が必要なケースでは、限度額変更の検討をお勧めします。以降では、具体的なやり方をみていくこととします。

限度額の増額は申請する必要があります

今現在、設定されている限度額を増やすためには、審査を申請する必要があります。勝手に引き上げられることはありませんので、自ら申請を行わなければなりません。金利が低くなることで、月々の返済が楽になるのですから、面倒ですがやってみる価値はありますね。まず、申請に必要な提出書類を確認しておきましょう。融資会社によっては、新たに収入証明書の提出が求められるケースがあるからです。借入時から返済余力が変化していないか等を確認するためにですので、要求されている場合はもう申請書に添付が必要です。次に、審査にパスするために注意すべき点に触れていきます。

審査パスするために必要なことを確認

カードローンの限度額を増額するためには、審査をパスする必要がありますので、注意事項をまとめます。収入が審査の対象となりますので、もし当初の契約時よりも収入が増えているのであれば、審査が通りやすくなることは容易に理解できます。また信用情報に傷がついていないかも、審査の重要な検討項目となります。借入れから、延滞などの事実があるとマイナスポイントとなります。なお、一定の利用期間がないとパスするのは難しいと考えてください。少なくみても、一年以上の利用期間が必要でしょう。これも一つの信用情報となりますので、審査の対象となります。

まとめ

カードローンの限度額を引き上げることで、金利を低くすることができますので、申請の方法をみてきました。年収、信用情報、利用期間が審査対象となることに留意しましょう。年収は増えていると有利、延滞などの事実がないことや、最低でも一年以上の利用期間が必要などです。