まとまったお金が必要な時やお金が足りなくて生活が苦しいという場合には、お金を借りなければなりません。その時に、自分に合った借り方をすることが、より損を少なくし、確実に返済するために必要です。そのためには借り方の違いを理解する必要があります。

クレジットカードの機能を使用して借りる

お金の借り方には、キャッシングとカードローンの二つがあり、この二つは全く異なります。キャッシングとは、クレジットカードに付いているキャッシング機能というものを用いて借りる方法です。キャッシングの特徴は、融資金額が少額であることと、返済を一括でしなければならないことです。更に金利が高く、15%以上ついてしまう場合もあります。キャッシングは、少額しか借りられない分クレジットカードを作った時からいつでも借りることができます。するとすぐに返すことが出来るので、金利が高くても利息は大した金額にならないことが多いです。

そこそこ大きいお金が欲しい場合は

一方カードローンは、銀行やノンバンクの出しているカードを使ってお金を借りる方法です。このカードは、無料で持てる場合もありますが、年会費がかかってしまう場合もあります。カードローンの特徴は、借入限度額が数百万円と高いことと、金利が低めで分割返済が可能な事です。カードローンが有用な場面は、やはりまとまったお金が欲しい時になります。一気に百万円以上も借りることができ、それを分けて返すことが出来るので、返しきれないという心配をほとんどせずに安心して借りられます。また金利は低めなので、長期に渡って借りても利息が増えにくいです。

どうしてもすぐに借りたい場合は

キャッシングとカードローンを比較すると、カードローンは金利が低く、また大きい金額を借りることも出来るので、高額の商品を買う時などに適しています。それに対してキャッシングは、すぐに現金を手に入れられるので、給料日まで数日間生活が苦しいと言った場合などで有効です。またこの方法は金利が高いですが、初回は金利が一定期間0円というサービスを行っている消費者金融もあり、手軽にお金を借りられます。そして、リボ払いというシステムを用いることでキャッシングでも分割払いが可能になるので、期日にどうしても返せないという場合でも一部を返し、期限を伸ばすことが可能です。

まとめ

以上のようにキャッシングとカードローンには大きな違いがあり、自分の置かれている状況によって適している借り方は違います。しかし、初めてお金を借りる場合はキャッシングは初回の金利が無料なので、そういったサービスを行っている消費者金融から借りるのが一番でしょう。