急に現金が必要になった時、気軽に利用出来るのがカードローンです。今では、消費者金融のみならず一般の銀行でも融資を行うようになっており、非常に借りやすくなって来ています。ですがこのローン、誰もが借りることが出来る訳でもありません。その融資基準を知っておくべきでしょう。

審査基準はそれぞれの会社で違いがある

カードローンの審査基準は、それぞれの銀行や業者によって違いがあります。しかしその基準は、表立って表明されていないことから、いろいろな憶測を生むことになっています。多くは、自社のおける基準を決めており、もし審査に落ちた場合でもその理由を告げらることはありません。この審査基準においては、その内容においてそれほどの差があるとは思えません。多くの部分は、逆に共通していると考えて良いでしょう。仮審査本審査とあり、提出した情報の全てが対象となります。提出した書類内容において無駄な項目は、一つもないと知っておくべきです。

個人情報が大切な審査基準になる

カードローンの審査において、個人情報が大切な要項になって来ます。これは、融資を希望する人の過去の消費者信用の産業における利用履歴を、信用情報機関において共有しており、このデータを参照することで、個人情報を把握出来ることになっています。そのため、申し込みの時において、本当のことを書く必要があります。また、正直の報告することも、審査を通りやすくする方法になって来ます。特に、ブラックリストと言われるものに載っている人は、この審査の時点で事故情報扱いとなり、審査に通ることはありませんので注意が必要です。

審査には年齢基準があると知りましょう

審査時には、安定した収入が求められます。単に収入が多いと言う理由より、長い期間勤務している場合の方が確実に融資を受けることが出来ると知っておきましょう。その時のため、在籍確認がされることが多くなっています。また、融資の金額が大きくなると、収入証明も必要になって来ます。そして問題は、年齢に制限があると言うことです。20歳未満は、基本的融資を受け付けません。また高齢になり、60歳以上になると融資を断る企業も出て来ています。理由として60歳以上になると将来の収入が不安になることもありますが、最近では高齢化が進み60歳以上も多くなり、今では最高齢でも70歳が限度となっています。

まとめ

融資を受ける時、収入のこともありますが、住まいとか他社からの借り入れ状況、カードローンの利用方法なども問われることになります。この時、借金の返済とかギャンブル利用では、審査を通りづらくするだけになってしまいます。旅行に使う、冠婚葬祭に利用するなど無難な借り方が良いでしょう。