40代ぐらいの会社員は、景気の低迷でなかなか収入が増えず、お給料日前に、1万円だけ融資をうけたい人が増えています。

大手消費者金融のカードローンで初めて利用する時は、30日間の無利息期間が利用できます。期間内に返済できると、お得に利用できます。

 

1万円お金を借りるなら消費者金融or銀行カードローン?

消費者金融で借りた1万円

1万円の場合なら消費者金融で借りることをおすすめします。その理由は1万円くらいであれば、審査が通れば即日借りれる消費者金融のほうがパッと借りれるからです。

消費者金融でお金を借りるには、まずネットからWEB申し込みをして、審査通過の連絡を受けてから店舗や消費者金融が設置した無人契約機に入って、お金を引き出すという流れです。

早ければウェブ申込から何十分か後にもう借りられます。 何となく銀行カードローンの方がしっかりしていて、消費者金融は何か怖いようなイメージを持つ方もいると思いますが、実際には消費者金融もとてもしっかりしています。

審査も銀行カードローンより通りやすい実感がありますし、消費者金融のネックである総量規制は1万円程であれば問題になりません。

※総量規制とは?
総量規制というのは消費者金融にある制度で、年収の3分の1までしか借りることができないという制度です。 例えば年収が300万円の人なら、100万円までしか借りられないということです。 しかし1万円程度であればで、あればこの規制も気にすることなく借り入れができます。

 

大手消費者金融は、30日間の無利息期間があります

景気が低迷している時期なので、40代を過ぎても、なかなか収入が増えないと悩んでいる人が少なくありません。上手にやりくりをしているつもりでも、給料日の前に出費が必要になってしまったり、クレジットカードの引き落としの残高が足りなかった経験のある人も多いです。

1万円だけ融資を受けたい人は、利便性の高い金融機関のカードローンを選ぶ必要があります。大手消費者金融は、審査から融資までのスピードが速く、最短で即日融資が受けられます。

初めて利用する場合は、30日間の無利息期間が利用できるので、期間内に返済するとお得に利用できます。

 

休日は消費者金融を利用すると便利です

1万円キャッシングした夫婦

消費者金融や、銀行のカードローンは、小口の融資が受けられるので、1万円だけお金を借りることができます。少額の融資の場合は、大口の融資に比べると、審査に受かりやすくなっています。

土日や祝日にお金が必要になることが多いですが、銀行ATMでお金を引き出すと、手数料が高いと感じた人も少なくありません。

消費者金融のカードローンは、1万円を土日に借りても、月曜日に返済をすると、金利はわずかなので、キャッシュカードを使って、預金を引き出すよりもお得になります。土日や祝日にお金が必要になった時は、カードローンを利用すると便利です。

 

低金利で融資を受けたい人は、銀行カードローンがお得?

安定して継続した収入のある会社員や、パート勤務の人は、金融機関からのの信頼が厚いので、日頃から銀行カードローンを利用している人が増えています。

最近は銀行カードローンの問題が話題になっていますが、銀行カードローンはカードを一枚持っていると、利用限度額の範囲であれば、何度も融資が受けられるので、利便性は高くなっています。

1万円だけ融資を受けたい時も、消費者金融に比べると、低金利なのでお得ではあります(1万円だけならほとんど気にならない程度の金利ですが・・・)。

ただし、今すぐ1万円を借りたい方や銀行からの信用が低い方には向いていません。銀行カードローンだと即日借入は無理です。数日間の時間の猶予は必要です。

 

まとめ

いかがでしたか? まとめると、1万円を借りる場合であれば、審査が通れば即日、しかも大体1時間以内程で借りることができる消費者金融がおすすめです。

審査も銀行カードローンよりも通りやすく、無利息サービスも利用できるのでお得です。 是非参考にしてください。